イヤな首イボ!まずは出来やすい環境を知り、ケアを欠かさないことが大切です。

首イボに悩む方は、出来てしまう原因を知る必要があります。

その前に、首イボには大きく分けて2種類あります。
1つ目は「老人性イボ」と呼ばれるものです。
加齢や老化が原因で引き起こすイボで、ウイルス性ではないので人に移ることがなく、他の場所に転移もしません。

2つ目は「ウイルス性イボ」です。
ヒトパピローマウィルスが体内に入り込むことで引き起こすイボで、感染性のウイルスなので他の部位に移ったり、他の人に感染させてしまうこともあります。
ウイルス性のイボの場合は、身体からウイルスを排除しなければ完治することが出来ない厄介なものです。

一方で、老人性イボに関しては肌の老化や加齢によって肌が水分不足に陥ったり、ターンオーバーが乱れてしまうことが原因です。
水分不足にならないようにしっかりと保湿ケアをすることで、イボが増えるのを抑えることができます。
肌の水分量は保湿が十分に出来なくなるとイボが出来やすい環境となってしまい、特に首は上下左右に動かすことも多かったり衣類と触れ合うことが多い場所で摩擦も受けやすいのでイボが出来やすい部位となります。
なので、普段から首の保湿ケアをしっかり行い、水分を与えるように意識することでイボの予防にもつながるでしょう。

イボが出来る原因は、加齢や老化によって水分不足に陥ってしまうことの他に、紫外線も挙げられます。
紫外線によって首の皮膚がダメージを受け、メラニンというシミの原因が発生します。
メラニンがシミを作り出して、そのシミが段々と大きくなると首イボに進化してしまいます。

紫外線を受けた肌はサイクルも乱れ、肌が角質化してしまいます。
このことで皮膚を固くしてしまい、首イボが出来やすい環境となってしまいます。

また、肥満体型の方は標準体型の方と比較して首イボが出来やすいです。
肥満によって肌がたるんでしまい、肌同士が摩擦によって角質化してイボを作りやすくしてしまいます。
また、肥満になると新陳代謝が鈍くなってしまうので、肌のターンオーバーも乱れ、古い角質や細胞が上手く排出されず残り、首にイボを作ってしまいます。

首イボには2種類あり、加齢や老化、ウイルスによってイボが出来てしまい、イボが出来やすい原因として肌の水分不足、紫外線、肥満が挙げられます。
どの原因にも、まずは日ごろから首イボが出来ないようケアを怠らないことが大切です。
以下でご紹介するケア商品に、オールインワンのクリームもあります。
全身に使えますので、首イボ以外の保湿効果も抜群です!
<<首イボを取りたい!よく効く塗り薬(クリーム)を紹介しますね♪>>

首イボ対策には、首の保湿ケアや紫外線対策、肥満解消が首イボを作りにくくするカギと言えます。